現場での苦労とは

プログラマやシステムエンジニアとして現場で活躍してきた人には、アプリケーションエンジニアの資格を取得することによって管理職を目指したキャリアパスを進むことができます。システムのアーキテクトを考案して現場でプログラム開発の指揮をとる人材として求人募集がなされるiT業界では貴重な人材であり、システム開発が行われている企業においては高い需要があります。その能力面からも知識面からも重要性が高いことから企業としても資格の取得を推奨していることが多く、必ずしもアプリケーションエンジニアとしてのポストがなくともその資格があることによって企業内での立ち位置がそれに相当する場所になる場合もあります。

そういった際に現場で仕事をしていく上で苦労しやすいのがプログラム開発の指揮を行うことです。プログラマやシステムエンジニアとして現場で働いてきた専門家にとって、自分自身で直接手を下さずに、他人に仕事をさせるというのは一筋縄ではありません。自分が想定しているように仕事をしてもらうにはどうしたら良いかということを考えなければならず、自分がやってしまえば済んでしまうことであるのにと思い悩んでしまうことも多々あります。その前段階にあたるシステムの仕様を考えることや、仕様書を書いたりその記述を指示したりすることは容易であっても、プログラム開発において管理者の立場にあたって指揮していくことが大きな苦労となりがちなのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>